スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいさつ

 此方は活字好きが2次創作作品を読み返す為のメモブログ。自分が読み返したいと思える作品をメモするだけですがそれでも膨大にある2次創作の中から良作と思えるようなものがこのブログからみつけられるなら幸いです。

評価S:とにかく読め。話はそれからだ。
評価A:ぜひ読んでほしいと他人に勧めるほど好きな作品。
評価B:自分は好きだし、多くの人も楽しめると思える作品。
評価C:嫌いな人も結構いるだろうけど自分は好きな作品。


↓読んだ小説の感想なんかを書いてるブログがランキング形式で載ってる所。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村


小説 ブログランキングへ


スポンサーサイト

やる夫お気に入りシリーズ

作者が何度も読み返してしまうやる夫系作品リンク
【闇薙】異世界で奴隷派遣業【純愛】

純愛という名のヤンデレもの。ファンタジー世界に転生したものの、俺TUEEなんてできないので、奴隷を買って派遣業してバックマージンとろうと、安い亜人女の子奴隷を買って一流の教育をして冒険者にします。使い捨てや亜人差別普通の世界で、きちんと教育を受けさせて、ちゃんと休暇を与えて、手作りのおやつを上げ……そんな扱いをすることでどんどん奴隷たちはやる夫に恋し、そしてやる夫は彼女たちに手を出さない。依存させた上で手をださない状態。そして依存させたところで増えていく奴隷。あくまで社員扱いのやる夫とヤンデレな奴隷たちのギャップが面白い。堕ちる過程が一人、一人違うので楽しめます。


やる夫の戦国立志伝異聞~もし最強チート野郎に息子が生まれたら歴史はこうなっていました~

 もし秀吉に息子がいたらというIF。秀吉が父親となったことで成長し、最強チート野郎がさらにチート性能になっていて、秀吉TUEEEが楽しめる。そしてキャラが魅力的で面白い。腕白関白で暗愚イメージがついていた信雄がKYキャラとして愛されキャラで固定されるようになりました。本能寺の変家康説を取っていて、徳川家アンチ?っぽい流れがありますのでそこだけ注意。


 やる夫はほむらちゃんのご飯

 初めはやる夫がハイテンションで切る人が多いと思うけどやる夫が街に行く所くらいまでは読んで欲しい。AAだからこそ出せる空気、間がいい。やる夫の本音がでてくるシーンは何でもないシーンなのにジーンとくる。エタ―

 サバイバルヤルオ

 初めは本当に屑なやる夫。それがサバイバルという場で成長していく様が面白い。途中で一度切ったのですが読み続けると続きがどんどん読みたくなる。もうすぐ完結

 やる夫が北方の獅子王になるようです

 王道な戦記物。テルシオと呼ばれる密集陣形による歩兵の時代から銃器に代わり、次々と新たな戦略が生まれてくる。主人公もチートだが周りもチート。カオスなヨーロッパで弱小国で覇を唱える獅子王の話。完結

 やる夫と佐々木のくだらない日常

 ●●に謝れ!!って感じの話。偉人の名言をロリに合わせたりして「そういうことになった。」で締める佐々木とのコメディー。夫婦ってる佐々木とやる夫の漫才が好き過ぎる。完結済

 やる太閤立志伝Ⅴ ~うつけの章~

やる夫の能力は本当に駄目で本当にうつけです。しかし、ひたむきに努力し、周りとの潤滑油となる不思議な魅力があります。全部のキャラに本当に魅力があり、きれいに完結しています。

 やる夫が光武帝になるようです

 当時の中国の特徴をわかりやすく説明しながら光武帝について書いてある作品。中国史で最も偉大な皇帝光武帝の魅力がこれでもかと書かれており、番外編として後漢、三国志の前の時代の話もあります。これを読むと三国志をもっと楽しめる。ニコニコに途中までですが動画になっています。完結済
 

 白饅頭は人類絶滅の夢を見る

 いつの間にかモンスターになっていたやる夫。話の通じなくて弱いのに経験値が高いモンスターとして殺されまくります。殺されて殺されて……人を憎むようになった元人間やる夫の話。グロ注意。エタ―

 王様「魔王倒してきて」やる夫「えっ」

 やる夫作品を始めて読む人にお勧めしたい作品。初めははいテンプレテンプレと思いますが全部読むともう一度読み直してしまう。ミクがかわいいです。短いですがやる夫作品の中で一番読み返した頻度は高い名作。

読み返す予定の作品

 やる夫の植民地開拓記

やる夫はフラグの塔をのぼるそうです

 やる夫は私腹を肥やす悪徳貴族のようです

国力差15倍~20倍の大国に囲まれた最悪の立地で、保護国として大国に搾取されている小国貴族のやる夫が、悪銭苦闘しながら独立を目指します。スナイパーや安価の失策の多さ、八割強勝てる戦すら落すリアルラックの低さなどを作者が上手く捌いてうまく完結させています。

 やる夫はロウルートに進む様です

 女神転生シリーズ。悪魔が跋扈した地獄のような世界で、やる夫がメシア教会に保護された事から物語は始まります。登場人物の多くが死に、死に方も心えぐられる者が多い。あくまでもヒーローになれないやる夫。ヒロインが化物になったり、洗脳されたり、凌辱されたりと、もし、ヒーローであったなら回避できた悲劇があったかもしれない。終始鬱な内容が多く、心をえぐってきますので注意

やる夫とタンポポと恋

タンポポを乗せる仕事を首になったやる夫が恋をする話。佐々木のヒロイン度の高さにびっくりする。駄目人間のやる夫が恋をする事でどんどん変わっていく様が面白い。この恋がどうなるのかとちょっとドキドキしながら読める作品です。

やる夫vs.

 やる夫が世界に復讐する話。自らを改造し、改造し、復讐を遂げようとする。復讐の相手は、自分の村を滅ぼした奴、そしてそれを命じた人間……と次々と広がっていきます。人のエゴというのが嫌と言うほど出てくるのがおもしろい。「復讐は何も生まない。」とか綺麗事が通じるおとぎ話というか小説風にしない所が個人的に好きでした。復讐した奴は死んで終われって意見も多いですが、たまには、良いと思います。エロ注意。あと勧善懲悪もの好きな方も注意

チートが過ぎる黒子のバスケ

チートが過ぎる黒子のバスケ  評価 A

 赤司が厨二病になり、俺TUEEEE!!したくてキセキの世代を全員同じ高校に誘って俺TUEEEE!!する話。全員原作以上に強くなって全国のバスケ部涙目になります。

 キセキの世代がひたすら俺TUEEE!!しており、どんどん己を高めあい、成長していきます。高尾や津川、桜井といった1年レギュラーが才能の差を感じてバスケを辞めてしまうほど圧倒的。キセキの世代同士の会話も原作と比べて違和感を感じず、楽しめる作品。


NARUTO ~うちはサスケと八百屋のヤオ子~

NARUTO ~うちはサスケと八百屋のヤオ子~ 評価 S

八百屋の娘 ヤオ(子)がサスケに家を焼かれないように忍術修業する話。努力家で才能もあるハイスペック少女だが、変態すぎてよく殴られる。後半はサスケ救済√でイタチの意志を継いだサスケがいいキャラをしており、イタチがどうやってサスケを幸せにしようか考えてるのが泣ける。原作補完がうまく、原作設定だと勘違いしてしまう点もちらほら。

 打ち切りENDなせいで後半物足りなさもあるが、オリ主が説得して改心!みたいな薄っぺらい展開じゃなく、積み重ねたものが、ちょっと運命を変えたという流れが好き。ただし変態+ギャグ展開注意。完結済

 

評価Sのオリジナル作品

ショタ勇者さま育成計画

 バトルジャンキーな女魔王エリエルが暇つぶしと落ちこぼれ勇者を育てる話。E国は経済がガタガタで勇者を出す余裕がなく、勇者の座を空けない為に身寄りのない孤児のノヴァを勇者にして支援をしない。ただの10歳の孤児がそれで魔物を狩れるはずもなくずっとレベル1。E国の人はノヴァをリンチし、貶し、うっぷんを晴らしていた。そんな状態から、自分を救ってくれた師匠を勇者は好きになっていく。

 将来殺し合う者同士の奇妙な物語。ノヴァは好きな師匠の為に厳しい修行を乗り越えていき、勇者として成長していく。成長すればするほど、2人が殺し合う未来に近づいていく。完結済

【迷宮物】迷宮立身出世

 異世界へ来て奴隷として生きた記憶と、異世界で孤児として暮らした記憶を持つ主人公のグールが、先輩グールを殺された事で、【攻撃魔法無効化】、【状態異常無効】、【身体能力倍加】、【技能吸収】、【魔力十倍】、【言語】、【直感】、【天の加護】を持つ最低系チートオリ主に復讐しようと力をつける話。

 一階層のフロアマスター「セラピー」は、異世界トリップした際のご主人さまだった。死んだのに自分の下に帰ってきた主人公の忠誠心に大喜び。主人公はセラピーのコネを使って回収部隊の隊長になり、自己強化を図る。みんな強烈な個性があり、面白い。移転の話があったけど今の所情報なし。エタ―?


腕白関白

彼の名はドラキュラ ~ルーマニア戦記~

暗黒大陸-成り上がり系VRMMOトリップ物

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

Powered by FC2 Blog

Copyright © ネット小説乱読記録 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。